エスクロー保証でよけいな工事、不当な工事費請求を排除。第三者の建築士事務所はお客様の味方、代弁者です。

屋根ソーラー・エスクロー保証付ソーラー発電工事・リフォーム・大規模修繕工事のご案内

FrontPage

HP写真0563



輸出入エスクロー

輸出入決済にお困りではありませんか。
いま注目のエスクロー信託決済についてご説明申し上げます。
今、海外からの医療用品を輸入する場合、最も安全であったL/C決済が多くの企業で使えない状況にあります。そのため多額の手数料を支払って商社の手を煩わすことになっています。
 L/C決済に代わる新しい貿易決済はエスクロー信託決済です。いまアメリカとの貿易にはエスクローが欠かせません。
 アメリカからマスクを輸入する場合を考えてみます。エスクローでは指定の日本の銀行にエスクロー信託会社の信託管理のもとに代金を信託いたします。航空便でアメリカよりマスクが届いたら検品します。商品に問題がなければ、保証会社を通じてアメリカへの送金を信託会社に指示(指図書の発行)し、銀行より送金します。
これだけです。代金を一時銀行に信託して荷物の到着を待ち荷物に問題がなければ支払をするという流れです。もし、欠品があったり欠陥品であったりした場合はその解決ののち送金になります。

 ポイント1
身近な日本の銀行に信託預託することです。輸入する場合、海外の銀行に預託するようにいわれることがありますが、海外の銀行ですとトラブルがあった場合に調査と交渉が難しいことです。輸入代金を指定の海外の銀行にエスクロー預託して、その先輸出者に送金しても先方の本人確認の問題等で代金が届かないケースもあります。その調査に日本からうまくいく保証はありません。また銀行がエスクロー信託でなくただのエスクローの場合、預託した代金が法的に保全されない場合があります。なんでもすぐに相談できる日本の銀行に信託預託することが大事です。特に日本の銀行と直接繋がらない国の場合にはいくつかの銀行を経由して送られますが、そんな場合も預託先が日本の銀行なら安心です。日本の銀行は世界中で信頼されています。輸出の場合も同様で預託金は日本の銀行と指定してください。

 ポイント2
L/Cと異なる点です。L/C決済は安全といわれていますが、L/Cは先払いの危険があることを多くの人がご存じありません。輸入者は輸入側銀行(L/C開設銀行)に代金を支払いB/L等の書類を受取り、ようやく輸入手続きを経て商品現物を確認することになりますので、商品に欠陥などがあった場合には代金は既に支払済みであり、解決が大変です。通常輸出相手とは永い取引関係にあるとか有名企業だからとかでそうした心配は少ないのでしょうが、初めての取引先の場合にはそうはいきません。その点エスクローでは商品を受けた段階では代金がまだ銀行にあり輸出側に届いていませんので新しい取引先でも交渉の余地があり有利に展開できます。ここがL/C決済との大きな違いです。
 また、輸出側にとりましても契約どおりの商品を送れば必ず代金100%回収できますので、エスクローは双方にとって安心・安全な取引となります。

ポイント3
 輸出入に係わる送金はいま大変厳格になっています。それは国際的なマネーロンダリングやテロ防止の関係です。海外に送金する場合、「犯罪収益移転防止法」に基づき、取引者の本人確認をしなければなりません。海外の代金受取人も同様でオンラインでやることになります。信託会社の指示により進めてください。

エスクロー信託にかかわる会社の役割
●エスクロー信託会社は信託業務をおこないます。信託財産(輸入代金)を管理します。
●銀行はエスクロー信託会社(信託受託者)が委託者(輸入者)から預かった信託財産を保全します。
●キャピタル信用保証株式会社(2002年設立・創業18年)はエスクローを組成し、正当な取引を監理し、信託業法に基づいて委託者の依頼を受けて信託財産の処分を受託者に指図します。
以上3社の連携で法的に厳格な管理のもとに輸出入決済の安全性を確保いたします。

リフォームの方へ
増改築で建物に夢を。
弊社グループの増改築は単に古くなった什器や壁を新しくするのではなく、建物に夢を与えることを常に考えご提案しています。
キッチン、トイレ、バスルーム、洗面所の水回り改装に加えて、屋根裏に広い収納スペースを作りませんか。
屋根にソーラーパネルで電気料金を節約しませんか。
深夜にお帰りのねこチャンのために、専用の入口をつけてあげましょう。
玄関ドアを交換して外壁もメンテ不用のレンガ風に、窓にはフラワーボックスをつけて四季の花を飾りましょう。窓を開けるのが楽しくなります。
窓は2重ガラスサッシにして冷暖房費の節約、それに白いおしゃれなルーバー雨戸で夜の涼しい風をいれましょう。
あとはお好みで建物周りの照明を考えましょう。夜間数時間のタイマーつき建物照明は建物をとりわけ引き立たせます。それに、センサーライトと防犯カメラで完璧。全てアキバ価格です。是非ご相談ください。
実際の工事につきましては原則弊社での信用調査に基づく工務店の選定をいたしますが、永年のお付合いのお決まりの工務店がありましたら工事のみそちらにお任せして、安心確実低廉を担保するために監理業務を弊社でさせていただきます。
増改築のとき屋根裏に大きな収納スペースをつくりませんか。詳しくはこちらを。
太陽光パネル工事の前に屋根のチェックと耐震診断を。詳しくはこちらを。


ネットで工務店さがし ⇒ 無理です
 リフォームで地元の評判のよい工務店さんをネットでおさがしだと思いますが、それは無理な話なのです。
ネットで条件がよいと思われても遠隔地であったり、本当に良いかどうかわかりません。
 地元の工務店を知っているのは地元の建築士事務所です。建築士が工事箇所を見て、お客様と相談して地元の顔の見える工務店をきめることです。
工務店が地元であれば、電気や水道、塗装その他の専門業者も地元です。
日頃、顔の見える地元業者なら安心です。


 建築士はお客様の代理人であり、味方なのです。お客様が工務店と直接交渉しても納得のいく結果はあまり得られないでしょう。それは双方の利害が明らかに対立しているからです。


 建築士に頼むと余計な費用が掛かる。いや、そんなことはありません。むしろ、トータルで2割も削減です。


新しい形


●リフォーム・耐震化工事のお客様
ご相談お申込」により、お客様の地域の監理センターとご連絡をとらせて頂きます。(地域の監理センターはお住まいの地域の一級建築士事務所です。)

●ビル・マンションの大規模修繕工事のお客様
ご相談お申込」により、建物診断評価センターまたは地域監理センターからご連絡申し上げます。

いずれも、ご相談無料です。

S1
S2
S3


新しいリフォームシステムの三つの柱
1.第三者の地元建築士によるお客様の立場でコンサルティングと施工監理。
2.建築士による優良地元工務店の選別で、顔の見える工事。安心です。
3.エスクロー保証による完成支払保証でトラブル防止。


S4
S5確実です

保証料はエスクロー料と合わせて1〜2%に改定いたしました。

S6お客様の
S7第三者の
S8弊社監理センター
S9監理と管理
監理報酬
S11もうひとつの


お分かりいただけたでしょうか。クリックすると大きくなります。


ご相談お申込みはご相談お申込
yokosuka




ホームページ内を検索できます

 

※キーワードを入力して、検索ボタンを押してください




TOTAL
43210人

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional